ProcessingをMeryで開発するための拡張機能作った

今回は去年書いたこの記事の続きです.
wgg.hatenablog.jp

今回作った拡張機能は本文下の方で配布リンクを書いています

f:id:wgg00sh:20170525232647p:plain

以前作ったProcessingをMeryでコーディングするための拡張が,不十分だったので改善して作り直してみました.

前回の問題点

前回の記事では3つ問題点が残っていました.

  1. オートインデント
  2. 同名のシステム変数と組み込み関数
  3. 辞書リストの情報量不足

1.オートインデント

未解決です,まだやっていません.

2.同名のシステム変数と組み込み関数

ProcessingにはmousePressedなど,同じスペルで,変数/関数 どちらでも機能する語句がいくつかあります.
それらはProcessing上では正しく区別して表示してくれるのですが,Meryで同じ表示をすることはできませんでした...
自分の知識不足なだけかもしれませんが,現状では関数は括弧()を含めて色を付けるようにしました.
f:id:wgg00sh:20170525233145p:plain f:id:wgg00sh:20170525233310p:plain
左:ProcessingのIDE
右:今回作成した構文ファイルを適用したMery

3.辞書リストの情報量不足

色々探していたら,Processingで使われる(恐らく)全ての単語を網羅したリストが,Processingの実行ファイルと一緒に入っていました.
f:id:wgg00sh:20170525233735p:plain
↑:作成した構文ファイル&語句リスト

使用例

こんな感じに,前回消しきれなかった不満点の多くを取り除いて作りなおすことができました.

配布

とりあえずGitHubに上げています
もしProcessingもMeryも使っていて,ProcessingをMeryで書きたいと思っている方がいらっしゃれば,是非これを使ってみてください!
そして不具合報告,改善方法などお待ちしています()

github.com