WGGの活動log

ゲームクリエイターやらエンジニアを目指してる大学生が,技術的なことを書いたり遊んだゲームの感想を書いたりするブログです.ちなみにWGGは「ワグ」と読みます.

マスコットアプリ文化祭2017で自作ゲームを作った話

昨年の年末頃に,マスコットアプリ文化祭2017というアプリコンテストが開かれていました
マスコットキャラクターを使って自由にアプリを作って投稿する感じのコンテストです

このコンテスト自体は2014年から毎年やっているのですが,僕は2015年から参加して,今年で3回目です.
過去記事はこちら↓
wgg.hatenablog.jp
wgg.hatenablog.jp

今年は前日に東京に行く予定が入っていた所に,突然勉強会の案内が来てどうしても予定を開けられなかったので残念ながら勉強会の方には参加できませんでした

作ったもの

MascotOmniShooterというゲームを作りました
mascot-apps-contest.azurewebsites.net

ゲームシステムとしては,変則的な全方位STGです.画面中央にプレイヤーキャラクターが待機していて,全方向から敵が近づいてきます.プレイヤーは移動することも向きを変えることも出来ずキャラごとに固有の方向に攻撃をするだけですが,「フィールドを回転させる」ことができます
3人のキャラを上手く切り替えて,敵に接触されないように倒し続けるゲームです.

一応イメージとしては,「FPSゲームを2Dにするとどうなるか」「シューティングっぽくないシューティングゲーム」みたいな考えのもとで作ってみました.
シューティングっぽくないシューティングゲームで,前に"Time Locker"にハマってた時期があったのでそれもイメージしています.

TIME LOCKER - Shooter

TIME LOCKER - Shooter

  • sotaro otsuka
  • ゲーム
  • 無料

出来なかったこと

そんなに開発時間が足りなかったわけではないのですが,直前に風邪引いたり,他のタスクで数日空くと途端に開発意欲が下がったりして余り満足のいく完成度ではないです...
というか殆どゲームシステムだけしか作れていません.もう少し見た目にこだわったりゲームバランスの調整に時間を掛けたかったです

結果



株式会社ポケット・クエリーズ様から,「あいぼりぃたん賞」,GMOインターネット株式会社様から「美雲あんず賞」に選んでいただきました.

あいぼりぃたん賞の方は,「VRを用いた又はとってもハイテクな作品」を選ぶと書かれていて,「VR...なのかな...?」って感じでした.あんまりVRっぽくないと思いますw

2015年,2016年は3つずつ受賞していたので,今回は2つで減ってしまいましたが,嬉しかったです.
特にクエリちゃんの株式会社ポケット・クエリーズ様からは,3年連続で選んで頂いてとても感謝です.

おわりに

今年で4回目,自分が参加したのは3回目のマスコットアプリ文化祭でしたが,毎年キャラクター愛に満ちた色んな作品が投稿されていて楽しいです.
他の方の作品も,ゲーム系を中心に少しずつ遊ばせてもらって楽しんでいます.(Android機がないのが辛い)